宗像大社 
そして本日ラストを飾るのは
『宗像大社』

沖津宮、中津宮、返津宮の三宮からなり
宗像三女女神を奉斎しています

御神木


沖津宮のある沖ノ島は
玄海灘のほぼ真ん中にあります
定住者はいなく
この宗像大社より派遣された神職が10日交代で365日交代で勤務
沖津宮で日々祭祀をおこなっている所です
この島のものは、一木一草一石たりとも
島から持ち出したりしてはいけない掟!
また、女人禁制です
お祭りの時だけ上陸する事を許され
海中での祓など
数々の掟が今でも守られている、神の島です

何十年前に
この沖の島の祭事を見たときに
凄いなー行ってみたいなと思いましたが
女人禁止
は~ダメじゃん!

しかし
宗像大社は女神さま信仰
どうなっているの?
と疑問に思っていました

沖ノ島・宗像大社の祭神が女神で、特に奥宮にあたる沖ノ島に祀られている女神が嫉妬深く、女性が上陸するとやきもちをやくと伝わっているそうです

広島の宮島も
宗像三女神様を祀っていて
昔、結婚していない男女が行ったら別れる😢💔💔って聞いてました

嫉妬って
本当かな……

古墳時代から平安時代にかけて
貴重な祭祀新宝が多数出土している
というので

その辺りの時代の価値観は
今とは違うのかもしれません

確かギリシャ正教会の島でも
女人禁止の所があったはず

宗教をきわめるとは
煩わしいものをそぎおとすことなのかもしれませんね
(男と女がいれば、いろんな問題がおきますから~)

ともあれ
参拝を終え帰路に向かいます


エネルギーアップ⤴️⤴️⤴️

呼子のイカ 
この旅
日曜日に佐賀県入りをしていました

月曜日の朝一にする事
それは呼子にある
萬坊(マンボウ)さんへ行って
呼子のイカを食べること!



ここはたいへんに有名で
整理券をゲットしても
2、3時間は待つといわれているのです

広島からでは
朝から佐賀県は無理なので
前日入りです

意気揚々と萬坊さんへ

開店して10分ほどでしたが既に
番号は37番
40分待ちです

イカコースを注文



イカ刺身です
まだピクピクしてます
目があってしまってので
思わず、お皿をずらします……

このイカ刺身のまえには
イカシュウマイ、魚豆腐、めかぶが運ばれてきました

このイカ刺身の後、残った耳やゲソを天ぷらにしてくれます❤️

今までで食べた一番美味しいイカの天ぷらでした
(写真を取り忘れました😣💦⤵️
てんこ盛りでしたよ♪)


芥屋の大門 
こんにちはー!るみこです
今日は
福岡県糸島市の
日本三大玄武岩洞の一つといわれている
『芥屋大門』にきてます


新成岩(角閃花崗岩)を破って噴出した玄武岩柱の集合がそそり立つ断崖となって
高さ64m長さ180mの岩山です

今から船に乗って
観光です⤴️




芥屋大門は
奥行90m幅10m~2mの洞窟になっています

西側の急斜面は海で裸になって
玄武岩柱が美しい柱状態になっています



船で入り口付近まで入れました✨





洞窟入口付近の天井より
落ちる水滴を体に受けると
中風にかからないといわれているそうです

祖母が中風で
10年寝たきりになったので

水滴を祈っていたのですが、
悲しいことに落ちてくれませんでした😢

隣では、飲み込んだ~と言っていたのに~




また、ここでは
イザナギとイザナミの御祓の場所

天女伝説があるそうです

最後に船長さんが
「アトラクションをします」との掛け声

すると途端にハイスピード!
玄海灘の潮風を受けて

メチャ楽しかったです✨

約20分の船旅でしたが
濃厚な時間でしたよ✨
初詣 
明けましておめでとうございます!
なつみです!

毎年恒例の初詣
今年は島根県邑智郡にある賀茂神社へ詣でました



古くからこの地にどっしりと構えてらっしゃることが分かる、とても静かで、立派な神社でした

この社の氏神は、

その昔、社の人が川に鴨の白羽が柏の葉に乗って流れてきたのを拾い上げ、榊の下に置いておくと、その夜「柏の葉は国津神、白羽の矢は応化百王の守護である」
と神のお告げがあったそうです
そして、翌日、榊の元へ行ってみるとすでに矢も柏もなくなっていたそうです

社人は、国津神は大己貴命と少名彦神、応化百王の守護神とは上賀茂神と考え、社の氏神としたとのことです。

上賀茂神は、京都の上賀茂神社が有名ですよね



ここの神社は賀茂神社以外にもたくさんのお社がありました
その中でも少し珍しいと感じたお社が、



ちょっと分かりづらいのですが、鳥居の横に二つの社があるのがわかりますか?



こういう感じで同じ社が向かい合わせにありました
名前を見ると門神社
調べても出てこなかったのですが、恐らく二対で一つの神社になっており、門の神様がいらっしゃるのでしょうね
珍しいですよね

更に素晴らしいものがあったのでご紹介させてください



恐らく御神木のこの立派な木

根元をみてください!



これ、絶対に妖精のゲートだと思いませんか?

妖精の国へのゲートはこういった木の穴やストーンサークルにあるといわれているんです

更に上を撮ってみると



やはり綺麗なオーブを幾つも発見することが出来ました

意外なところにパワースポット発見です

やはり元旦の朝に詣でると、素敵なことが起こりますね

パワーをしっかり充填して、広島に帰ろうと思います(^-^)/
太宰府天満宮 
こんにちはなつみです♪

今日は福岡の太宰府天満宮へ行ってきました



天気はあいにくの雨でしたが、ものすごい数の人…!
外国の方も多く、人気の高さが伺えますね~!



太宰府天満宮といえば、主祭神は菅原道真公です。
学問・至誠(しせい)・厄除けの神様とされています。

学問、厄除けはよく聞きますが、至誠…?

調べてみると至誠とはまごころ、誠意を尽くすこと。
無実の罪で大宰府に流された菅原道真の、最後まで自らの潔白を信じた気持ちが天上に届き、神になったといわれていることが由来だそうです。

だとすると、そこには「自己肯定」の意味も入っているのかもしれません。

私は人生の節目には太宰府天満宮に参拝する機会に恵まれるのですが、その度に強い後押しを受けていることを感じます。

まごころとは真の心
自分の行き先を信じてまっすぐ進めよと道真公へ導いてもらっているのかもしれません



太宰府天満宮を参拝の後、この頃有名な光明禅寺へ歩いていきました。
ここは九州の苔寺と呼ばれており、枯山水と苔と紅葉によって素晴らしい景色が見られると聞いて行ってみました。

残念ながら建物の内外とも写真撮影禁止でしたので、写真をお見せすることが出来ないのですが、太宰府天満宮の強い「動」のパワーとは全く別の、「静」の気が道溢れていて、背筋が伸びるような、それでいて落ち着けるような、とても素晴らしいお寺でした。

最後にお抹茶と梅ヶ枝餅を食べて、寒い体をあたため、今日のパワースポット巡りは終了です
(*´ω`*)

広島へと帰りまーす♪