フラワーレメディ チェストナット・キング・コールバット 
こんにちはー!るみこです

今日はフラワーレメディのチェストナットバットをご紹介しますね

チェストナットバットは
同じ失敗を繰り返しす人に~との説明をされます

同じ失敗ってどうなの?

ようするに毎回毎回しくじり先生をやらかすんだよねっ!


私は飲まないでよい生き方をしましょうと
心の中で呟くのでした‥

しかし
決心をしたのに
あーチェストナットバットが必要!って
思ったのは

4~5年前のことでした

レメディやストーンのお陰で
自分の思考パターンを見つけ出した時でした
「どうやら私は自虐的思考のパターン」があるなっと思ったのです

例えば
仕事中、忙しいときに娘から電話
用事を聞いた時に緊急性のない話しだった場合
イラオコの口調になって「後で聞くから~」と電話を切り
その後に
電話をしたら、反対にイラオコで返された場合
私の思考パターンでは
「ああ先程、私がイラオコだったので
私が悪いんだよね」
「でも、しょうがないじゃない。仕事だったんたから~」と
自虐的怒りに陥るパターン

よく考えてみたら
相手のイラオコの原因は私ではないかもしれないのに‥

そこは、自虐しないで冷静に相手に聞いてみたら良いのに‥

との気付き

この思考パターンは
自分のいつものパターンなので
毎回これで、しくじっているっていうのが自分では分かりにくいものなんです

たとえ分かったとしても、怒りや悲しみの思考パターンなので
中々変えにくい(笑)

そうです
そこで
『チェストナットバット』が登場です

これをしばらく飲みました⤴️

今では自分の妄想で自虐してマイナスな感情になるのを手放することが出来るようになりました♪♪

とりあえず、聞いてみる!
そして話し合う!

相手は自分と同じように考えるわけではないですからねっ

勝手に妄想して落ち込んでいる人に
オススメのレメディですよ❤️
フラワーレメディ【チェリープラム】 
こんにちは!るみこです
今日は
チェリープラムの説明をしますね


チェリープラムは
自分自身の心の抑制がきかなくなり
何か恐ろしいことをしてしまうのではないかと
「恐れ」を和らげてくれます

このような状態は
ある意味自分に絶望してる
ともいえるでしょう

自分で自分が抑制できなくなっていると
感じているので
自分が何をするかがわからないことを恐れているのです

例えば

ご主人に浮気をされたとき
このままでは、自分がとんでもないことをしそうで自分が怖い~!
などの状態や

子どもが泣きわめき
自分でも訳がわからなくなり、いつか自分が虐待するのではないかと思い怖い!

妊婦さんが食事のコントロールをしないと
いけないのに
ストレスで、暴飲暴食に走ってしまいそう!

皮膚にかゆみがあり
掻いてはいけないとわかっているのに
自分を抑制できない状態!

などの感情が
爆発寸前で自分が抑えりれない状態のときに
使用します

ヒステリックをおこしそうな状態ですよね

私が最近使用したのは
私自身ではなく
娘のなつみに飲ませましたよ

ラピスのスタッフになる前は銀行に勤めていました

気ままな学生生活から一転、厳しいノルマと上司からの叱責による感じるストレス

彼女はストレスを感じると過食をしてしまう癖があり
みるみる内に太ましく…💦
このまはまではヤバい😱!と
ダイエットを決意!

そこでこのチェリープラムの出番でした

ストレスを感じる→過食
となるのをチェリープラムを飲むことで、「これを食べ過ぎても自分のストレスが減るわけではない」
と理性を取り戻すことが出来ました
😌✨








フラワーレメディ【ビーチ】 
こんにちはー!るみこです

今日はビーチをご紹介しますね

ビーチが必要な人は
論理面・道徳面において厳しく
ものの良し悪しについて、はっきりとした意見をもってます

ところが、他人の意見を尊重する気持ちが足りません

ようするに
自分の美学があり
その物差しに足らない人を厳しく攻撃をしてしまう人です

フラワーレメディの指標として
7つの指標があげられてますが
【ビーチ】は他人のことに関心を持ちすぎる
のカテゴリーの中にあります

自分に対しても、非常に厳しいので
他人がどうしても自分と、同じように出来ないのかが理解できないし
自分と違う見方を主張する人が、非常に気にさわるのです

言い方を変えると
相手を全部肯定させたいというコントロールの気持ちなんですね

相手を自分をの美学にまきこんで
こんな風に考えてると良いのに……何で😒💢💢

パートナーや家族、仕事仲間に対して
『何であなたはそんな考え方なの?
だから、駄目なのよ!』
『情けないな~』
『ハー😞💨』
なんてコメントを、はいている貴方は
ビーチタイプです♪

全てが理想通りで、完璧で、皆同じ考え方をすれば、気分のよいものです
でも、世の中それほど完璧なものはないし
皆が自分と同じような理想をもっているとも限りません
もう少し、違う個性を持つ人に対して寛容になれるように努力していきましょうね❤️
フラワーレメディ【セラトー】 
セラトーは自分の判断に自信が持てず
自己不信に陥っている人のために使われます

セラトータイプの人は
本当は直感力も知識もあるのに
自分が無知のような気がして
常に人にアドバイスを求めます

つまり
一旦は自分の考えが固まったのに
その判断が正しいかどうかを疑い始めます

例えば
結婚すると決めたけど
本当にこの人でよいの?
と迷い始める感じ

占いなとに来られる方にも
このような方がいらっしゃいます!
っか
迷っているから占いなんだけど……

でもラピスでは
「あなたの進み道はこちらです!」なんての鑑定は行っておりません

あなたはどうしたいのか?
と常に聞いて
より良い道へ進めるようにアドバイスしますよっ!
また、フラワーレメディやら複合的なアドバイスを行います‼️

本当はどちらが良いかは
自分が一番解っているからです

占いで問題なのは
むしろ、色んな所へ行ってアドバイスをもらって
訳がわかんなくなる状態です

これを『占いジプシー』とよびます

例えば
Aさんが好きなんですがAさんはどのような思っているでしょう?

とラピスの鑑定をしたとします

Aさんはあなたはのことを好いてますよ
っと伝えますが
ヤッパリ不安

次の占いへ……
そしてAさんは違う人が好きです

と言われた
なんていうのは

せっかく両思いだったのに
そんな訳がないと
自分で自分をうたぐって~
自分自身がそんな状況をつくりだしてる!

その結果
間違った方向に進んだり……

そんな時はセラトーを飲んで

自分を信じてみませんか?
フラワーレメディ【セントーリー】 
セントーリーは
自分の気持ちを相手に伝えるのが難しく
No.が言えない人の為のレメディです

セントーリーが必要な人は
おとなしく、従順で、人がいいためにに
他人から上手く利用されてしまうタイプの人
利用されるというからには
利用する人がいるわけで……

例えば
・仕事のあとに食事をする予定があるにも関わらず、仕事を手伝ってと頼まれて、残業してしまう

・他にやりたいことがあるのに、父親の意見にしたがって家業をついでしまう息子

・年老いた両親の意向に逆らえず、好きな男性からの求婚を断ってしまう娘

などは典型的なセントーリータイプと言えます

「責任をとること」
「責任という名のもとに、上手く利用されている」
の違いをみつけるのは至難の技です

それは
多くの場合
この二つは重なりあっているか
その境界線があいまいかのどちらだからです

よくセントーリーの紹介で
シンデレラに例えられます
いつも心の醜い義母と義姉妹に
こき使われ、自分でこの境遇を受け入れているシンデレラ
でも、シンデレラは舞踏会に忘れた靴を
「それは私のです」と履いてみせた❗ので
幸せになったのです

セントーリーのレメディは

他人のためにすべての人生を犠牲にするのではなく
他人を助けながら自分の望みを、かなえることのほうが充実していることを気づかせてくれます

私はどちらかと言えば
自己主張をするタイプなので
セントーリータイプではありません

でも、全くセントーリーのような気持ちがないか?といえば
いえいえ
私もここで断ればいいのに
ついつい引き受けてしまって……辛いな
なんてこともありますよ

そんな時は
自分を犠牲にしてしまうジレンマに悩むんではなく
優先順位を上手くつける能力をアップさせてもらうために
飲みますよ❤️