明けましておめでとうございます 
2015年は
古い価値観を捨てて新しい価値観が大事でした

そして、2016年からは
一言でいうなら

『陰陽統合の意識レベルを得ていく』
 
ことになります

出雲開運旅行のセミナーでお話したように
これから9年かけて世の中は変わっていきます
2023年には、大きく社会の仕組みなども変わっているでしょう

 
では、来年2016年を
東洋占星術で見ろと、どうでしよう

今年は
丙申(ひのえ、さる)の年となります

五行に例えると丙は太陽です

申は、水に沈んだ金の塊です。金と水をたくさん持っているのです

火は金を溶かし  水は火を消す相克関係の年回りです

この事から

この丙申の星は
自分のエネルギが上手く表に現れにくい面があります

ですので、今年は、流れに乗りそうでのらなかったり、上手くいきそうでいかなかったりと

今一つ
結果が出せない星回りです

しかし、あまり深刻に考えずに
シンプルな考え方で、明るく陽気に過ごす事で運気が巡って来ます

目先の事だけを考えずに、長いスパンで考えていく事も必要となってきます
 
沢山太陽の輝を浴びる、スポーツ。アウトドアのレジャーなどを楽しんでください

また
恋愛、結婚運が良い年回りなので、楽しんで色々な所に顔を出すとよいでしょう

 
一方西洋占星術からみると
木星が乙女座、土星がいて座と 共に柔軟宮(あと双子、魚座)でスタートとなります

柔軟宮は
「季節がうつろっていく時期」であり、変化をしていき、周囲への適応力がもとめられます
ですので、あまりものごとをきちんと決定せず、いろんな角度から分析や検討していくこととなるでしょう

9月には木星が天秤座に移動しまうので、このころより結論をだし、活動的に行動していくと良いでしょう

また、今年の特徴として
火星が蠍座に長期たいざいしていきますが、火星がサソリに滞在しますとネガティブなものが、地下深く眠るマグマのように自分の中にたまっていきます

ですので、何かのきっかけで大噴火をおこしていきます。それをさけるには、エネルギーの解放が一番なのです。
 
この東洋、西洋占星術から
来年は、あまり結果を急がず、緩く仲間とともに、太陽のひかりをあびて、外でエネルギーを発散させて楽しむことが、開運のヒントとなります

まだまだ、新しい価値観を構築中の私たちには、陰陽統合世界まで遠い道のりですが

その一歩が今年から始まろうとしています

 
それでは、
健やかに過ごしましょうね



 

秘密にする