新年 
明けましておめでとうございます



今年2017年はどんな年まわりでしょうか

東洋占星術では今年は
「丁酉」の年になります
五行では
「丁」のシンボルはロウソクの火や炭に燃える火など、人工的に燃え上がる「火」を表してます

「丁」は陰性なので
去年の「太陽」と比べ

優しいロウソクの灯火に照らされて
進む道をゆっくり歩む年にしていくと良い年です

ですので、昨年に比べ
少しペースダウンの年になるでしょう

言い換えれば、物事がガンガン進むのではなく
じっくり腰をすえ、次の年に向けてパワーをためる年ともいえます。

「慎重」「学び」「計画」が開運のキーワードとなります

また
酉の属性は金になります

そうすると
火は金属を溶かす性質があるように、この二つは相反する運気であると言えます

ですので
バランスが悪く
「焦る」「落ち着きを失う」といった開運とは真逆の方向へ進みがちとなります
今年は
冷静さを失わず、計画的に実行に移すことを普段から心掛けましょう

それでは次に西洋占星術で、2017年の星の動きを辿ってみましょう

まず、1月は
2016年に引き続き

木星の天秤座・天王星の牡羊座・冥王星の山羊座により直角三角形が作られます

この三角形により、「変容変革」が促される形となります

そして、そこに次のステージに行くことを進める射手座の土星がサポートしてくれることによって

自分の人生にとって何が大切なのかを考えるようにのメッセージです

新年のはじめにぴったりの星まわりですね。

7月の後半あたりから
牡羊座、獅子座、射手座という火の星座で結ばれた
大きな三角形(火のグランドとライン)に天秤座の木星から矢が刺されて(カイト)ます

天秤座の象徴は対話や調整。

1月の三角形のように

この火の三角形も
「変革」を作り出していますが

これは破壊によるものではなく、客観や合理性に基づくものになるといえるでしょう。

この
矢となるこの木星は2016年の9月7日には天秤座に移動していました

木星は今年の10月10日まで天秤座へと滞在します

木星は『幸運の星』

天秤座はバランスの星座なので
人間関係を活発にすることが重要になっています

そして次に木星はさそり座へと行きます

今までのように大勢の人とのかかわりを持っていくのではなく
特定の人と関係性を深めることが重要になってきます


そして後半は
2015年から射手座に滞在していた土星が2017年の終わりに山羊座へと移動します
土星は『試練の星』
新しいことへの挑戦がシンボルの射手座にいたため
これまでは思うままにチャレンジすることが大切でした

しかし、山羊座は支配星が土星なので
本来は真面目で堅実な山羊座の特徴が強まり
『認められたい』
という気持ちが高まり
頑張りすぎてしまったり
報われないという思いになりがちです

なので、来年の後半は頑張りすぎないということを意識して過ごしましょうね。


これらのことから
今年2017年は
大きな変化を迎える年の中

『羽ばたいていく年』がテーマと
なります




よく、計画し、慎重に物事を進め
どの方角に、どのように進んでいくのかを見極めましょう

皆さんがより良い方角へと飛んでいけるよう
ラピス一同
色んな、グッズ・セミナー等でサポートできるように頑張っていきます

今年も宜しくお願いします




スポンサーサイト
 

秘密にする