曼荼羅原画展『神秘』 
こんにちはなつみです(^^)/

3月14日からラピスでは曼荼羅展
「神秘」を開催いたします。
元ラピスのスタッフだった、とうまさんが心を込めて丁寧に描いた作品展です。



曼荼羅ってなにかしら…?
そんな方もいらっしゃると思い、とうま先生に曼荼羅の解説文を頂いております!

○●○●○●○●○
曼荼羅はサンスクリット語で
円という意味があり、
様々な宗教、時代や文化を
越えて使われてきました

曼荼羅は宇宙や無限の存在を
表すとともに、
自然や地球、
自分自身を表します

曼荼羅には人や空間を整える力があります
自分自身と深く繋がり、人生の創造力を高めてくれるツールです

つたない作品ですが
たくさんの方に見ていただけるとしあわせです。

當麻昌子

○●○●○●○●○

先日打ち合わせに来られたときに何点か拝見したのですが、本当に綺麗です。
繊細な点の数々がいくつも集まり、美しい作品が創り上げられていました。

展示会の本格始動は3月14日からですが、今週末の周年イベントの時にはプレオープンで見ることが出来ます♪

作家である當麻さんがいらっしゃる日は
3月14日(火)、16日(木)、18(土)、20(月)ですよ♪

その日は参加料1,000円で体験会にも参加できるそうなので、ぜひお越しになってくださいね。
スポンサーサイト
 

秘密にする