重陽の節供 
 
 
朝・晩とずいぶん過ごしやすくなり、秋めいてきましたね。
 
明日、9月9日は「重陽(ちょうよう)の節句」です。
節句は日本の暦の一つで、他の4つとあわせて五節句といいます。
3月3日の「上巳(桃の節句)」や、5月5日の「端午(菖蒲の節句)」がなじみ深いですよね。
 
陰陽思想では、奇数は縁起の良い数字とされ、その極である「9」が重なることから、吉祥とされるようになりました。
 
日本でも、明治時代までは、いろいろな行事や催し物があったそうですが、今ではあまり知られてないですよね
 
しかし、こんな素晴らしい日を、なにもしないで過ごすのは、もったいない。
 
是非とも、良い運気を頂きましょう
他の節句には「桃の節句」や「菖蒲の節句」という呼称があるように、重陽にも「菊の節句」という呼称があります。
 
平安時代では、宮中で、「菊の宴」として、菊を愛でながら詩歌を読んだり、菊酒を酌み交わししたそうです。
 
 
 
それに習って、菊の花びらを日本酒やお茶に浮かべたりして、楽しみましょう。
菊は、若さを保ち寿命を伸ばす効能があると思われていた為、邪気払いの意味もあったらしいですよ~
 
ちなみに、私はお酒で楽しみます。
 
 
 
 
 

秘密にする