柚子ジャム 
 
 
先日実家より柚子が送ってきたので、
早速柚子ジャムを作りました。
この時期、風邪予防にも柚子のビタミンCは助かりますよね。
 
皮の部分をむいで小さく刻みます。
 
ホーロ鍋に柚子の皮を入れ、鍋に入れた柚子がヒタヒタになる程度お水と果汁を入れます。実は皮に対して4分の1程度入れ(種などは取っておきましょう)グツグツと煮てきたら、お砂糖を投入。
 
量は適当です。
 
後で、ハチミツも入れるので、あまりこだわらなくても大丈夫。
適当に味見して、おいしければオッケーです。
 
水分がなくなったら、ハチミツをいれて、トロミをつけてください。
 
出来ました^^
 
 
パンに付けても美味しいですし、
私は味噌とまぜて、柚子味噌にしたり、さつまいもを茹でて柚子の果汁とこのジャムを混ぜたりするのが大好きです。
 
12月22日は冬至です。
冬至は一年の中で最も陽が短い日ですね。ということはつまり、次の日から陽が長くなっていくということ。
だから古来より、冬至は世界の入れ替わりの日とされ、盛大に祝われてきたのです。
 
冬至には柚子湯です。
これは柚子が融通がきく、冬至が湯治。
こうした語呂合せからきているといわれていますが、もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊なのです。
冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気がやってこないともされています。
 
なので、柚子ジャムを食べながら冬至を待ち、柚子湯に入って気運を高め、体も心も温めましょう。 
寒い冬も乗りきれますね
 
 
 
 
 
 
 
 

秘密にする