七福神めぐり~後編~ 
さて、五つめに向かった先は『尾長天満宮』

尾長天満宮

初めて行った神社でしたが、とても素晴らしい神社でした。小高い場所にあるので市内を一望でき、爽やかな気分になりました。
行き道の案内板で知ったのですが、天神川駅の由来となっている天神川の源流は、この尾長天満宮辺りであるとのことです(ちなみに天神とは天満宮の別称です)。

ここでは長寿と幸福の神である寿老人が祀られています。

寿老人

皆さんご存知でしょうか?この寿老人と、先ほど登場した福禄寿は、元々神さまではなく仙人なのです。なので、見た目もよく似ていますね。


次は『國前寺』

国前寺

ここには親戚のお墓参りで何度か訪れたことがあり、よく親しんだお寺でした。久しぶりに行くと懐かしさが込み上げてきました。
國前寺には大黒天がお祀りされています。

大黒天

大黒天は豊作の神さま。去年は大きな災害もあり、日本は大変でした。復興を願って、日本の豊作をお祈りしてきました。


遂にラスト。
本当に長かった…。
最後に参拝したのは『聖光寺』

十一面観世音菩薩があり、その黄金色の姿に感動しました。
ここでは霊水を頂きました。歩き疲れた体に染み渡るようでした。

開運、良縁、子だくさんの神さまである布袋尊を祀ってあるので、福が来るようにお祈りしました。

布袋尊



これで七福神を全てめぐりました。
疲れましたが、とてもすがすがしい気持ちになることが出来ました。

吉方取りでは、自宅から二キロ以上離れた良い方角の場所で、二時間以上いると良いとされています。
今回の七福神めぐりは三時間程でまわれるので、皆さんも是非行ってみてください♪
 

秘密にする