タロット占い 
こんにちは、ナターシャです(^-^)/
今日はタロットについてのお話です。

皆さんはタロットをされたことはありますか?
メディアに登場することも多い占いなので、タロット自体は知っているという方も多いのではないかな、と思います。

実際、初めてのお客様でもタロットについて全く知らないという方はほとんどいらっしゃりません。
そういった意味では身近な占いといえますね。

でも、
「実際どんな占いなのか」「なにを占うのか」
そのことについては分からず、不安に思われるお客様も多くいらっしゃいます。
そんな不安をこのブログで少しでも解消できたらと思い、何回かに分けてお話させてもらいますね♪

タロット占いは、タロットカードと呼ばれるカードを使う占いです。
カードは、大アルカナと呼ばれる22枚のカードと、小アルカナと呼ばれる56枚のカードを合わせた計78枚があります。
日本では大アルカナだけを使った占い方が一番メジャーですね。

カードに描かれている絵のバリエーションは多岐に渡り、カードによって全くイメージが変わってきます。
私は三種類持ってますが、一つ一つ全く異なるイメージで、お客様や自分、その日その時の感じで変えて使っています♪

カードを決めたら、場を浄化してお客様のお悩みを聞きます。

この時に初めてのお客様が、よく尋ねられるのは
「何を聞けばいいの?」ということです。

タロットカードには何を聞いちゃダメというものはありません。
恋のこと、仕事のこと、自分の進路。
大事なのは「自分」が聞いているということです。

タロット占いをする人はタロッティストといいます。私はこのタロッティストは翻訳家みたいだなと思うのです。

タロットカードと、お客様と私。
これを
外国の方と、お客様(日本人)と翻訳家。
と当てはめた時。

お客様が何かを尋ねる相手は外国の方。
外国の方が答えるのもお客様にです。

でも言語が違うから上手くコミュニケーションが取れない…。
そんな両者を繋ぐ存在がタロッティスト。
そんなイメージなのです。

なにを聞いても大丈夫です。
何を悩んでるかも分からない程ぐちゃぐちゃ!!…そんな状態でもカードはメッセージをくれます。
気軽にカードに尋ねてみてくださいね。

長くなってしまったので今回はここまで♪
次回私が書く時は他の占いと比較した、タロット占いについて書こうと思います♪
スポンサーサイト
 

秘密にする