遷宮 
こんにちは、ナターシャです(^-^)/
今日は、今、日本がどんなに大きい力に包まれているか…。に、ついてお話をしようと思います。

まず、
島根の出雲にある出雲大社について。
出雲大社といえば、つい先日に平成の大遷宮が終わったばかり。



出雲大社では、祝している真っ最中です。

そもそもこの遷宮とは、ご神体を本来の場所から移して社殿を修造し、再びご鎮座いただくこと。
2008年の4月から開始し、何と5年もの歳月をかけて、大屋根の葺き替えや銅板塗装など大規模な修造を行ってきました。

だからといって、この遷宮は御本殿の新築祝いというわけではありません。
本来の意味は、神様が鎮座されたその時を再現するという立ち返りの行事なのです。

この遷宮は60年に一度。

そして実は、今年2013年に遷宮をする所がもう一つあります。

それは伊勢神宮です。
伊勢神宮の遷宮は20年に一度。



通常なら60年毎に出雲大社と伊勢神宮の遷宮はかぶる筈なのですが、乱や戦争でどちらかが延びたりして、
この2つの遷宮が重なるのは、史上初のことなのです。

伊勢神宮は太陽神で、男性性を奉る陽
対して、
出雲大社は月神で、女性性の陰

と言われています。

屈指のパワースポットであるこの陽と陰が合わさることで、2013年は非常に大きなパワーで日本が包まれるのです。

ようやく初めの時に立ち戻ったその姿、
見に行かれて大いなる力を感じましょう。

ラピスでは、11月に出雲大社へのバスツアーがあります。
是非、参加して頂いて一緒に力を受けとりましょう。
 

秘密にする