香川、電車の旅 
先日、香川のパワースポット旅行に行ってきました。


青春18切符を使っての、電車旅です。



まずは、高松市にある八栗寺へ向かいました。

八栗寺は、四国八十八箇所霊場の第八十五番札所のお寺です。

お寺に行くため、このケーブルカーに乗って向かいました。




八栗寺には、 五剣山という山があります。
地上から剣を突き上げたような神秘的な山です。
天長6年、空海がこの山に登り求聞寺法を修めた時に、五振りの剣が天振り注ぎ、山の鎮守蔵王権現が現れました。
そして「この山は仏教相応の霊地なり」と告げられたので、大師はそれらの剣を山中に埋め鎮護とし、五剣山と名づけたと言われています。


本堂がこちらになります。



五剣山という神聖な山にあるお寺なので、空気もパワーのも透き通って気持ちが良いものでした。



次に向かったのは、善通寺
このお寺は香川県善通寺市という、市の名前にもなっているほどの、由緒あるお寺です。



この善通寺市は、空海の出身地といわれています。

本尊は薬師如来で、四国八十八箇所霊場の第七十五番です。

平安時代初頭の807年に真言宗開祖空海の父である佐伯善通を開基として創建された。伽藍は創建地である東院と、空海生誕地とされる西院(御誕生院)に分かれています。

ここでは戒壇巡りというものが出来ます。

この入口から入り、


進んでいくと、一筋の光も無い暗闇になります。

左手を壁につき、
一心に
「南無大師遍照金剛」と唱えながら
ひたすら前に進みます。


まっ暗闇の中、響く声。
ここを歩くことで、今まで知らず知らずの内に作り上げた自分の罪を浄化するのだそうです。


自分がどこにいるか分からず、とても怖かったですが、光を感じた時にとても清々しい気持ちになれました。


香川はパワー溢れる土地で、自分の気が一新されたような思いでした。

帰りの夕陽もとても綺麗で…。


良い旅を送れました(^-^)/
 

秘密にする